ホーム > 分析・鑑定 > 麴菌の受託分析の開始について

麴菌の受託分析について



  1. 黄麴菌
     黄麴菌は、古来わが国の醸造をはじめ、いろいろな食品に用いられており、わが国の豊かな食文化に貢献してきました。平成18年に日本醸造学会は「麴菌」をわが国の「国菌」に認定しております。
    ※ 詳細はこちらをご覧ください。

     そこで、菌株が分類学的に黄麴菌(Aspergillus oryzae又はAspergillus sojae)に分類されるか否かについて、遺伝子による解析を行っています。分析を希望される方は、以下の問合せ先にご連絡ください。

  2. 黒麴菌
     黒麴菌は、我が国由来の有用糸状菌であり、その学名がAspergillus luchuensisとなりA. nigerとは異なる種であることが明らかになりました。
    ※ 詳細はこちらをご覧ください。

     これを受けて、菌株が分類学的に黒麴菌(Aspergillus luchuensis)に該当するか否かについて、遺伝子による解析を平成26年4月1日から行っています。分析を希望される方は、以下の問合せ先にご連絡ください。

     また、酒類醸造微生物の受託保存(バックアップ)も受け付けています。

    【お問合せ先】
    独立行政法人酒類総合研究所
    業務統括部門
    E-mail:info@nrib.go.jp
    TEL:082-420-0800

 


Copyright©National Research Institute of Brewing. All rights reserved.