ホーム > 分析・鑑定 > 国税庁所定分析法の改良等

国税庁所定分析法の改良等



 分析技術や分析法については、日々進歩しています。国税庁からの依頼により、国税庁における間接国税課税物件の分析方法である「国税庁所定分析法」の改良を行っています。
 また、税率や品目判定の基準となるアルコール分とエキス分は、各国税局鑑定官室で分析を行っていますが、各国税局での分析の測定精度を確保するための技能試験も行っています。
 更に、分析業務や研究業務を通じて蓄積してきたノウハウを活用して、各種研修などを開催し、国税局職員の分析・鑑定に関する技術等の向上に資する支援を行っています。



Copyright©National Research Institute of Brewing. All rights reserved.