ホーム > 織田研究員らの論文が2016年日本農芸化学会BBB論文賞を受賞しました

織田研究員らの論文が2016年日本農芸化学会BBB論文賞を受賞しました



平成29年2月27日

 醸造微生物研究部門 織田研究員らの論文が2016年日本農芸化学会BBB論文賞を受賞しました。

 BBB論文賞は、日本農芸化学会英文誌Bioscience, Biotechnology, and Biochemistryに掲載されたRegular Paper, Communicationより毎年優秀な論文に授与されるものであり、 2016年には10編にBBB論文賞が授与されました。


<タイトル>
 Development of a promoter shutoff system in Aspergillus oryzae using a sorbitol-sensitive promoter

<著者>
 Ken Oda, Shiho Terado, Rieko Toyoura, Hisashi Fukuda, Moriyuki Kawauchi, Kazuhiro Iwashita

<論文要旨(英文)>
 Promoter shutoff is a general method for analyzing essential genes, but there are no tightly repressed promoters reported in A. oryzae. To overcome the current limitations of conditional promoters, we examined the sorbitol and galactose responsive genes by microarray to identify regulatable genes with only minor physiological and genetic effect. We identified 2 sorbitol-induced genes (designated as sorA and sorB,) and cloned their promoters, and built a regulated EGFP and BrlA expression system. Growth medium-dependent EGFP fluorescence and conidiation were confirmed for egfp and brlA under the control of these promoters, respectively. This shutoff system was also applied to essential rhoA regulation, which showed the expected growth inhibition under the repressed growth condition. The new sorbitol promoter shutoff system reported here can serve as a valuable new tool for essential gene analysis in filamentous fungi.

<論文要旨(和文)>
 プロモーターシャットオフは、致死性遺伝子の解析において一般的であるが、麹菌では有用な制御が厳密なプロモーターが存在しない。麹菌での制御プロモーターを開発するため、ソルビトール応答性の遺伝子をマイクロアレイ解析により探索した。2つの遺伝子sorA, sorBを同定し、そのプロモーターによるEGFPおよびBrlA発現系を構築し、制御能を検証したところ、C源依存性のEGFPの発現およびBrlAによる分生子形成が観察された。さらに、致死性遺伝子であるrhoAの解析に適用したところ、完全にコントロールされた。よって、開発されたソルビトール応答性プロモーターシャットオフシステムは、糸状菌の致死遺伝子の機能解析の為のツールとして利用できる。

<掲載論文>
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 80 (9), 1792-1801 (2016)



Copyright©National Research Institute of Brewing. All rights reserved.